開平の歩き方

旅行情報~百合鎮

適楼

南洋より帰国した関宇文氏により1924年に設計された。関宇文氏は美術がすきで設計にも携わったという。

行き方:百合鎮でバスを降りバス通りを蜆岡方面に歩くと蝦邊村という村があり、その中にある。

各写真をクリックすると拡大します

石灰・砂・粘土を混ぜた「三合土」で造られている

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.baxianpro.com/kaihei/mt/mt-tb.cgi/59

コメントを投稿

※コメントは管理者に承認されるまでは表示されません。

最近のコメント

最近のトラックバック

サイト内検索



© 2007 さいとうたつき
Powered by Movable Type 5.031