開平の歩き方

開平以外ネタ

広東省順徳・逢簡村編

今回は「広東省の周荘」と呼ばれる(らしい)仏山市順徳の逢簡村というところです
(周荘についてはここでも見てください)

別の用事で近くに行ったついでに寄ったので、あまり時間もなくゆっくり散策もできなかったのですが
まとめてみますのでど~ぞこでも見てください

fj001.jpg
到着しましたが観光地なわけでもなし、案内板があるわけでもなし
仕方ないので適当にブラブラしていたら小さな公祠がありました


fj002.jpg
水郷らしい風景ですね
前方に石積のアーチ橋があります


fj003.jpg
アーチ橋に接近してみます
歴史のありそうな橋ですね


fj004.jpg
と思ったら明遠橋という橋で広東省の文化財だったのですね


fj005.jpg
宋代に建てられた橋ということです
隙間から雑草が生えているところに時代を感じます


fj006.jpg
橋の欄干には狛犬らしき彫刻があります


fj007.jpg
橋から川を望む
この部分の狛犬はなくなっていたり、頭が取れていたりしています


fj008.jpg
近隣の家々
特に興味をそそるような建築はなし

村の反対側を歩いてみます


fj009.jpg
またもやアーチ状の石橋を発見


fj010.jpg
こちらは順徳県単位での文化財・巨済橋
同じく宋代に造られたものとのことです


fj011.jpg
橋を下から撮ってみます
欄干に狛犬が並んでいますね


fj012.jpg
こんな感じの狛犬です


fj013.jpg
石橋の上から
手漕ぎ船がゆっくりと進んでいく...のどかな感じがいい


fj014.jpg
その近くには大きな公祠があり、子供達の遊び場になっていました


fj015.jpg
「和之梁公祠」と書いてあります


fj0155.jpg
村の小さな「港」です


fj017.jpg
村のはずれは魚の養殖場になっているみたいです


fj016.jpg
村に戻り散歩してみるとこんな風景
絵になりますね


【行き方】
広州なり深?なりから順徳大良バスターミナルまで行き、バスを乗換え杏壇鎮というところまでそこから再度バス、若しくはバイタク

率直に言うと、古鎮の雰囲気のあるような場所ではないので、そういった目的で行くとガッカリするかと
(他にもまだ見どころはあるらしいですが)

また近くに古朗村という逢簡村と同様の趣を持つ水郷があるらしいですが、時間がなくていけませんでした

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.baxianpro.com/kaihei/mt/mt-tb.cgi/38

コメントを投稿

※コメントは管理者に承認されるまでは表示されません。

最近のコメント

最近のトラックバック

サイト内検索



© 2007 さいとうたつき
Powered by Movable Type 5.031