開平の歩き方

開平以外ネタ

香港の古鎮編 その2

龍躍頭文物径とは香港北部の粉嶺にある中華古建築が建並ぶエリア
MTR粉嶺駅から54Kのミニバスがコースに沿って運行されている
(下の地図は龍躍頭でもらったパンフレットより拝借しました)

lyt001.jpg
こんな地図入りのパンフレットをもらえます
他のページには見どころがかなり詳しく解説されています(英語・中国語併記)

lyt002.jpg

南宋末期(1127年~1279年)に南宋の姫がこの地に逃げてきて錦田の香港新界の5大氏族である鄧一族の鄧惟汲と結婚し、その長男が元朝末期にここに居を移し、更にその子孫達が近隣に居を広げ五圍六村と呼ばれるこの龍躍頭を開いたのだそうな

では行ってみよう

lyt003.jpg
先ず一発目、崇謙堂です
キリスト教の教会ですね
個人所有だそうで中には入れません

lyt004.jpg
ややや、崇謙堂から遠くに見えるのは開平洋楼?

lyt005.jpg
これは1924年築の石盧という洋楼
開平洋楼からすれば大したことはない外観だが、その佇まいは開平洋楼そっくり

因みにこれも個人所有のため中に入ることは不可

lyt006.jpg
これは麻笏圍という城壁村(1736~1795年築)
結構地元の観光客がいたなぁ

lyt007.jpg
麻笏圍の側面
反対側は取り壊されてしまったらしい

lyt008.jpg
途中にあった神壇

lyt009.jpg
これは老圍と呼ばれる城壁村
この辺りで最も古い城壁村

lyt010.jpg
老圍の中に入る
古建築が多少残っています

lyt011.jpg
城壁には穴が空いており銃口になっている

lyt014.jpg
老圍から少し進むと天后宮があります

lyt013.jpg
例の渦巻型線香があります

lyt016.jpg
天后宮の横には龍躍頭の始祖・鄧松嶺を祀るため16世紀初頭に建てられた松嶺鄧公祠がある

lyt015.jpg
松嶺鄧公祠の中には位牌が並んでいる

lyt017.jpg
次は少し歩いて東閣圍という城壁村
洗い物をしているおばさんが不審そうな顔をしてこっちを見ていた...

lyt018.jpg
またもや少し歩いて永寧村
何やら古鎮の面影がありそう

lyt019.jpg
永寧村の中
家々が同一方向を向いて(風水と関係があると思われる)、正面の広場に大きな樹が立ち、木陰で老人達が歓談しているのは開平郊外の古鎮と同じ姿です
香港にもこんな光景があるんだなぁ

lyt020.jpg
これは近くの永寧圍
新しい家が多く建ってしまっています

lyt022.jpg
かなり歩くと善述書室
個人所有なので入れません

lyt023.jpg
その善述書室のそばにあった古建築
いい感じですが、人は住んでいるのかな?

lyt024.jpg
これが一番保存の良いとされる新圍(1744年築)
確かに立派だけど、1994-95年に改修されているということで、あまり古鎮の趣きはない気がする
角にある出っ張りは更楼(監視塔)で四隅にある

lyt025.jpg
新圍の正面入口
入口はここ一箇所(防衛のためね)

lyt026.jpg
城壁内の古建築
といってもここだけで他の建物はみな新しい

lyt027.jpg
正門から真っ直ぐ進むと城壁の奥は神壇になっている
その両脇の壁が凹んでいるところは銃口

lyt029.jpg
最後の見どころ、小坑村
といっても少し古建築があるだけ

結論として、屏山よりかは良かったです

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.baxianpro.com/kaihei/mt/mt-tb.cgi/25

コメントを投稿

※コメントは管理者に承認されるまでは表示されません。

最近のコメント

最近のトラックバック

サイト内検索



© 2007 さいとうたつき
Powered by Movable Type 5.031