開平の歩き方

開平以外ネタ

香港・西貢編 その2

今回は健康的に、香港で有数のカッチョいい山、
「香港の槍ヶ岳」西貢はシャープピークに登ります


大きな地図で見る
香港の果てみたいなところにシャープピークはあります

sp000.jpg
バス(黄石行き)を北潭凹で下車すると
そこは麦理浩径(マクルホーストレイル)の2ndステージの終着点
ここから2ndステージを逆行します

sp002.jpg
歩いていくとシャープピークが遠くにボンヤリと姿を現します

sp003.jpg
歩いていくと赤径という廃村のような小さな村に出る
古鎮の趣があっていい感じです

sp004.jpg
電線が通っているので住んでいる人もいるのでしょう

sp005.jpg
森に埋もれようとしている廃屋


(クリックすると別画面で開きます)
赤径遠景
前方は船着場

sp007.jpg
少し歩くと野良牛が登場
この辺は牛の糞だらけ

sp008.jpg
野良牛がいっぱい
香港の郊外には野良牛が多い
インドでも思ったけど、牛って生命力が強いんだろうなぁ

sp009.jpg
赤径から歩くと大浪凹というところに到着
ここでマクルホーストレイルからシャープピークに分かれます

sp010.jpg
シャープピークに向かおうとすると
「危ないから行くな」と警告する案内板がある
これに従っていたら先に進めなくなるので無視する

sp011.jpg
歩いていくとシャープピークが全貌を現す
...これを登るのか

sp012.jpg
運動不足の身体にはキツイ...

sp013.jpg
シャープピークは標高こそそれほどないものの(468m)海抜0m(赤径)からの登りなので、それなりにキツイです

sp014.jpg
頂上近くになってくると急傾斜&ガレ

sp015.jpg
頂上に到着
三角点には落書きだらけ

sp016.jpg

sp017.jpg
頂上から
天気が良いと見晴らしが良いらしいが、このときはガスっていて残念ながら×

sp018.jpg
さて下りはシャープピークより大浪凹方面に戻り、シャープピークを背にして北上、東龍脊という地点を経由して高流湾という船着場のある集落を目指す

sp019.jpg
高流湾への道
途中道が有るか無いか分からないようなところヤブこぎしたり、蛋家灣という集落では民家の獰猛そうな放し飼いの犬に吠えられたり散々でした
(蛋家灣にキリスト教の施設があり、そこの人に助けてもらった)

sp020.jpg
ようやく到着した高流湾
香港の果てみたいなところなので、もっと小さな集落かと思っていたら想像以上に大きな村でビックリ
海鮮料理レストランもありました

sp021.jpg
こんな船に乗って黄石まで戻ります
休日はかなり頻繁に船がある様子

またこの船で塔門洲という離島にも行けます

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.baxianpro.com/kaihei/mt/mt-tb.cgi/23

コメントを投稿

※コメントは管理者に承認されるまでは表示されません。

最近のコメント

最近のトラックバック

サイト内検索



© 2007 さいとうたつき
Powered by Movable Type 5.031