開平の歩き方

開平以外ネタ

マカオ・蓮花大橋編

コタイという優雅な名前の埋立地にその蓮花大橋はあります
橋は1999年に開通され、マカオ-中国ボーダーが開設されました
全長1781メートルにもなる立派な橋です

am001.jpg
全長1781メートルにもなる立派な橋です
(地図画像はマカオ政府観光局のウェブサイトから拝借しました)

以前からここを外人が通れるか否か、
またこのボーダーを渡ると何があるのかさっぱり情報がなかったので
とりあえず行ってみました

am002.jpg
まずは関係ないけどコロアン島の謎の国境(上の地図で言うと赤字の8のそば)
現地人だけが行き来できるらしい
イミグレも何もなく、係員が一人いただけで、しかも横は何故か乾物屋
緊張感のかけらもありません

am003.jpg
コロアン市の中心より対岸(中国珠海市)を望む
泳いでこれそうな距離、っていうか昔は自由を渇望した中国人民は泳いで来ていたそうですが、今や寂れたマカオより開放改革の最先端を行く珠海のほうが豊かに思えます

am018.jpg
これはマカオ本土のペンニャ教会の近くから
手前がマカオで奥が珠海です
珠海の方が発展しているように見えますでしょうか?

am004.jpg
上記コロアン島のボーダー(というかただの波止場)を行き来するショボい船(逆光)
珠海へ向かうべく停泊しています
甲板に座っている人は何故か皆うなだれているが、ギャンブルでスッちゃったのかな

am005.jpg
またまた脱線しますが、これはマカオ本土西側にある古い港
Ponte No.16というのは16番埠頭とかいう意味かな?
(香港から来る船はマカオ本土東側の新港に着きます)

白い建物は半島酒店(Hotel Peninsula)ですが、超有名な香港のNo.1ホテルのペニンシュラとは
はっきり言って全く無関係と思われ、既に閉鎖しています

am006.jpg
半島酒店の奥に中国各地行きのフェリー乗り場があります
「湾仔」というのは香港のワンチャイではなく、対岸の珠海の地名です
ちなみに外人はここから中国に渡ることは出来ません

am007.jpg
この旧港の周囲
旧港がメインだった時代には繁華街だったんでしょうが、いまは寂れています
マカオの東側はきれいなビルが立ち並んでいますが、西側は寂れたまんま
雰囲気的には結構好きなところです

am008.jpg
ようやく話をを本題に移します

これが「コタイ国境管理事務所」のバス停
マカオ本土やタイパからコロアンに行くバスは全てここを通過する、はずなのですが、運ちゃんによっては「行く奴いるか~?」(広東語)と乗客に聞いて返答がないと立ち寄らない不届な輩もいます

am009.jpg
これがマカオ側イミグレの建物
できてからそれほど日が経っていないせいか綺麗です
何の情報もなかったので外人を通してくれるか不安でしたが、問題ありませんでした
出境する人は私以外2人見かけました(同じ国なので入出国ではなく、入出境?)

am010.jpg
マカオ側イミグレを抜けたところ
写真は珠海側から入ってくる人用の入口
入境とはポルトガル語でChegadasというのですね、チェガダス!

am011.jpg
蓮花大橋を渡る専用バス
橋を渡ったところにある中国側イミグレまで送ってくれます
(当然有料、値段はわすれました)

am012.jpg
橋を渡りきると「横琴口岸」というのが見えてきます
バスの中から無理やり撮影しました
これが中国珠海側のボーダー名です

am013.jpg
ここでの入境審査もサクッと終わりました
ビザなしで問題なし
入境審査を終えると「横琴経済開発区導遊(ガイド)図」なるものがあります
海水浴場や観光地もありそうですが、あまり行く気をそそられるようなものはありません

ちなみに図を見ている女性は嫁です

am014.jpg
イミグレを出たところ
ここからマカオに行くことも可能です
私は珠海市街地へ行く積りでしたが、タクシーは全くいません
どうしようかと思っていたらバスが来ました

am015.jpg
中国ではかなり汚らしいバスがよく走っていますが、これもかなり汚かった
デジカメで写真をとっているのが分かったら殺されて身包み剥がされてしまうかも、と思いながら撮りました
というのも...

am016.jpg
この周り、全くと言っていいほど何もなく、ひたすら荒地なのです
これもバスの車窓から命がけで撮りました
市内(南屏でおりてバス乗換で拱北)までバスで45分か1時間くらいかかりました

将来的にはこの辺にも外資系を誘致して、工場をボコボコ立てるのでしょう
たしかにマカオ空港からのアクセスは良いので、マカオ空港に直行便のあるような国には悪い立地ではないかもしれません(台湾企業とかね)
そうならないと全くと言っていいほど無意味なボーダーです

am017.jpg
ブレていますが、これが一般的なマカオ-珠海間ボーダーの拱北口岸
マカオの最北部にあります
マカオ側は観光地としても有名です
こちらは非常に人も多く、ボーダー通過に時間がかかります

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.baxianpro.com/kaihei/mt/mt-tb.cgi/20

コメントを投稿

※コメントは管理者に承認されるまでは表示されません。

最近のコメント

最近のトラックバック

サイト内検索



© 2007 さいとうたつき
Powered by Movable Type 5.031