開平の歩き方

香港・西貢編 その1

香港の自然を満喫ということで、香港の秘境(?)西貢大浪湾までホテホテと歩いてみました。
香港は高層ビルだらけでコンクリートジャングルというイメージが強いですが、実はちょっと市街を出るとすぐに郊外の光景が味わえるということで意外な一面を持っています。

「香港・西貢編 その1」の続きを読む »


マカオ・蓮花大橋編

コタイという優雅な名前の埋立地にその蓮花大橋はあります
橋は1999年に開通され、マカオ-中国ボーダーが開設されました
全長1781メートルにもなる立派な橋です

「マカオ・蓮花大橋編」の続きを読む »


広東省肇慶・七星岩編

肇慶とは広東省は広州の北西部に位置する都市
この肇慶にある七星岩風景区には、桂林のような岩山が並んでおり、地元ではそこそこの観光地だと噂で聞いたので、じゃあどんなものか、とちょっとお出かけしてみました
(「地球の歩き方 広州・桂林と華南」にも載っています)

「広東省肇慶・七星岩編」の続きを読む »


香港の古鎮編 その1

屏山文物径(ヘリテージトレイル)っていう香港ローカルな観光地が香港北西部の元朗にあって中華古建築が建並んでいます
(以下の地図画像は屏山でもらったパンフレットより拝借しました)

「香港の古鎮編 その1」の続きを読む »


香港・西貢編 その2

今回は健康的に、香港で有数のカッチョいい山、
「香港の槍ヶ岳」西貢はシャープピークに登ります

「香港・西貢編 その2」の続きを読む »


深圳・大鵬所城編

今回は広東省は深圳・龍崗区大鵬鎮にある大鵬所城という古鎮を訪問してみます
しかしこれが深圳市内よりメチャクチャ遠い
これでつまらなかったら怒るよ本当に!って感じでスタート

「深圳・大鵬所城編」の続きを読む »


香港の古鎮編 その2

龍躍頭文物径とは香港北部の粉嶺にある中華古建築が建並ぶエリア
MTR粉嶺駅から54Kのミニバスがコースに沿って運行されている
(下の地図は龍躍頭でもらったパンフレットより拝借しました)

「香港の古鎮編 その2」の続きを読む »


広東省東莞・南社編

今回は広東省は東莞市茶山鎮にある南社村という古鎮を訪問してみます
東莞といえば都市全体が工業地帯みたいなところで、歴史もないようなところですが、どんなもんなのかと思って行ってみました。

「広東省東莞・南社編」の続きを読む »


広東省恩平・石頭村編

今回は広東省は恩平市にある石頭村というところを訪問してみます
恩平市は開平市と隣接しており、近いかなと思ったらそれなりに遠かったです

「広東省恩平・石頭村編」の続きを読む »


広東省広州・大旗頭編

今回は三水市というところにある大旗頭というところに行ってみます
大旗頭は行政的には広州市ではなく隣接する佛山市に属するのですが、
まあ広州からもそれほど遠くないし、気にしないで行ってみよ

「広東省広州・大旗頭編」の続きを読む »


広東省広州・銭崗編

広州その2は広州北部・従化市というところにある銭崗というところに行ってみます
情報のあまりない無名な所ですが、どんなもんでしょうか

「広東省広州・銭崗編」の続きを読む »


広東省広州・大江埔編

広州その3は銭崗と同じく従化市にある大江埔というところに行ってみます
ここも情報の殆どない無名な場所ですが、どんなもんでしょうか

「広東省広州・大江埔編」の続きを読む »


沙頭角禁区(中英街)編

元英国植民地・香港と中国・深圳の境に沙頭角という地区があり、その境界線上に中英街という「そのまんまやんけ」とツッコミを入れたくなる名前の通りがあります

適当にググってみればわかるのですが、歴史的経緯を経て道路のまん中が中国と香港の境となってしまったある意味不思議なところです
下の深圳地図で香港と深圳の境の南端に「中英街」とあるところです

「沙頭角禁区(中英街)編」の続きを読む »


広東省順徳・逢簡村編

今回は「広東省の周荘」と呼ばれる(らしい)仏山市順徳の逢簡村というところです
(周荘についてはここでも見てください)

別の用事で近くに行ったついでに寄ったので、あまり時間もなくゆっくり散策もできなかったのですが
まとめてみますのでど~ぞこでも見てください

「広東省順徳・逢簡村編」の続きを読む »


もうひとつの碉楼~四川・桃坪羌寨編

以前に九寨溝に行った際に、同じ四川省アバ・チベット族チャン族自治州に「碉楼」があるという「中国古鎮遊」の記載が気になり、桃坪羌寨と呼ばれる中国の少数民族・羌(チャン)族の村を訪問してみました。

実際ここには2004年に訪れていて、「碉楼」というキーワードもあるのでいずれアップしようと思っていながらもサボっていたのですが、2008年5月12日に桃坪の付近を震源とする四川大地震が発生し、碉楼はどうなったのかこれを書いている段階ではわかりません。
それがきっかけと言うわけでもないですが、この項目をアップすることにしました。

いずれにせよ、地震災害に遭われた方々に心よりお見舞いを申し上げ、犠牲になられた方々に哀悼を捧げ、早期の復旧と1日も早く平常の生活に戻られることを心よりお祈りいたします。

「もうひとつの碉楼~四川・桃坪羌寨編」の続きを読む »


エントリーとコメント

最近のトラックバック

サイト内検索



© 2007 さいとうたつき
Powered by Movable Type 5.031