開平の歩き方

歴史

写真でみる碉楼の歴史


海外華僑より送られてきた絵葉書。こういった写真をもとに中華シャトーが建築されたわけですね。


大多数の洋楼の上部四角には「ツバメの巣」と呼ばれる装飾が施されており、外から見ると優雅だが、内側から見ると穴があいており、銃口になっている。
左側写真の逆Tの字になっているところ。
また足元にも銃口があります(右写真)。


自力村の銘石楼に展示してあったアヘンの吸引道具。
時代背景を考慮するとやはりアヘンと関係が深かったんですね。


日本軍の罪状を書き立てている観光案内(立園)。
日本軍が立園に進入し、金目のものを持っていったとか書いてある。

真偽の程はともかくとして、日本人観光客も来るのだから「鬼子(外国人に対する憎悪をこめた呼称)」という表現を使うのはやめてほしいなぁ。


加拿大村の入口にある手書きの案内。
「這里留有日寇掠奪的痕跡(ここには日本軍の掠奪の痕跡も残ってるよ)」と書いてある。
何がそれに該当するのかは分からなかった。


蜆岡のとある洋楼で見た落書。
広東人民団結起来打倒洋人
保衛中華建立共産党
毛主席万歳
打倒洋人
と書いてある。時代を感じさせますね。

kaipinglu.jpg
(香港地図より)
香港の銅鑼湾Causeway Bayの三越裏手に開平道という通りがある。周囲には恩平道、新会道というのもある。
開平周辺の出身者が多かったのでしょうね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.baxianpro.com/kaihei/mt/mt-tb.cgi/13

コメントを投稿

※コメントは管理者に承認されるまでは表示されません。

最近のコメント

最近のトラックバック

サイト内検索



© 2007 さいとうたつき
Powered by Movable Type 5.031