開平の歩き方

開平について

開平は広東省の中南部に位置し、珠江三角州経済解放区に属している。潭江が市の中心を流れており、かつては水路が近隣地区との交易において重要な役割を占めていた。
人口は68万人だが、在外華僑は67カ国、75万人に及んでおり、華僑の輩出地として有名。
開平は華僑の郷、建築の郷、芸術の郷という評判が高い。

「開平について」の続きを読む »


碉楼の歴史

碉楼の出現は開平の地理的環境と社会の治安環境と密接に関連している。

開平は海抜が低く河川が網状に流れている。そのため治水に欠陥が発生すると、台風が来るたび水害が発生していた。
それに加えて開平は過去、新会・台山・恩平・新興4県の県境に位置し、「四不管」(誰の管理も行き届かない土地)と言われるほど治安が悪かった。よって清代の初め頃には開平人民はすでに碉楼の建築を開始し、これを水害と防犯に利用していた。

「碉楼の歴史」の続きを読む »


写真でみる碉楼の歴史


海外華僑より送られてきた絵葉書。こういった写真をもとに中華シャトーが建築されたわけですね。

「写真でみる碉楼の歴史」の続きを読む »


碉楼の種類

開平の洋楼は大きく3つに分けることができる(らしい)。

1) 門楼
村の入口にあり、比較的小さい。村のパトロールや防衛用に使用された。

「碉楼の種類」の続きを読む »


エントリーとコメント

最近のトラックバック

サイト内検索



© 2007 さいとうたつき
Powered by Movable Type 5.031