開平の歩き方

参考文献

参考文献

旅行の必須品といえるガイドブックだが、日本語での出版物では殆どないのでは?
筆者は中国語のガイドブックを利用して、開平に行ったり、このサイトを書いたりしています。

下記に開平のことが載っているガイドブック(筆者が所有するもの)を紹介する。

中国古鎮遊 中国古鎮遊
陜西師範大学出版社

中国旅行のバイブルとも言える本。
中国各地の205の古鎮(古村)を650ページにわたり紹介しています。
日本のガイドブックでもここまで詳細にガイドしているものはないでしょう。
旅行ガイド作っている日本の出版社は版権取得して翻訳して売るべし。
これは日本でも絶対売れる!
開平にもそこそこページを割いてくれています。
このサイトの作成にも非常に役に立ってくれました。
38元也
開平遊 開平遊
愷倫伝播有限公司

開平旅行のバイブルとなり得るガイドブック。
このサイトで紹介したところはかなりメジャーな場所ばかり。しかしこのガイドブックでは他の洋風建築を見る観光ルートを紹介しています。
しかし各建築の具体的行き方が書いてないのが残念ですが、バイタク駆使すればナントカなりそうです。
立園と自力村で売っているのを見ました。何日か滞在できる人は先にこの本をゲットするといいかも。
38元也
開平市旅遊図 開平市旅遊図

中国ではある程度の規模の都市になると、地図が数元で販売されており、バス路線やホテル、観光地などが分かるようになっている。
中国旅行はいつもこれをゲットするところから始まります。
(「地球の歩き方」の地図よりも全然詳しい、当たり前だが)
開平でも何種類か地図もあるようだが、この地図は観光地も地図の中に入っていてなかなか重宝した。
5元也
開平碉楼撮影集 千碉王国 開平 開平碉楼撮影集
香港銀河出版社

開平洋楼の写真集。美しいですが、この表紙といい、かなりレタッチしているんだろうなという感じ。(このサイトの写真も若干はしていますが)
どんなところに行ったのかを説明するお土産にはいいと思います。

この本も各建築の所在地区名と建築の名前しか書いていないので、ガイドとしてはいまいち。

38元
中国古鎮遊 珍蔵版 中国古鎮遊 珍蔵版~福建・広東巻
陜西師範大学出版社

上記「中国古鎮遊」の福建、広東の古村を抜き出してカラー写真を増やしたガイドブック。福建永定の客家円楼と広東開平の洋風建築が大きくフィーチャーされている。
内容は「中国古鎮遊」とほぼ同じだが、「中国古鎮遊」にある記述が抜けていたりする。

32元也
碉楼滄桑 碉楼滄桑
花城出版社

「滄桑」とは時の移り変わりのこと。
開平の西洋建築以後の歴史故事集です。
匪賊が横行していた時代、日本との戦争時代、国共内戦時代などの話が並んでいます。
写真もあまりなく、ガイドブックというよりは読み物なので、筆者は殆ど読んでいません(笑)。

10元也

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.baxianpro.com/kaihei/mt/mt-tb.cgi/15

コメント (1)

AK on 2009年1月11日 17:39

こちらのサイトで開平の存在を知り、どうしても行きたくなって、ついにこの年末に行ってきました。
こちらの情報はとても詳しく参考になるので、何度も何度も熟読しました。
ここがなかったら開平を見ることはなかったと思います。
本当に素晴らしい場所でした。
紹介していただきどうも有難うございました。

立園の中のお土産屋さんに、ここには載っていない世界遺産に登録されてから出来たガイドブックが売られていたので購入してきました。立園だけでなく開平全体が紹介されています。25元でした。

それから、自立村の中のスタンドに、洋楼の写真を使ったトランプが売っていました。
いろいろな洋楼の写真が使われていて、いい思い出になると思って購入してきました。10元でした。

馬降龍は、村の周囲の竹が成長しすぎて、もう少しで建物が全部埋もれてしまいそうです!
屋上まで登って周りを見渡しても、他の建物のトップがかろうじて見える程度で、せっかくあれだけ美しい建物が並んでいるのが、もうすぐ全然分らなくなりそうです。
非常にもったいないと思いました。


コメントを投稿

※コメントは管理者に承認されるまでは表示されません。

最近のコメント

最近のトラックバック

サイト内検索



© 2007 さいとうたつき
Powered by Movable Type 5.031